オンライン会議ツール appear.in は、2019年9月に Whereby に移行しています。

数回腹筋したぐらいで筋肉痛になるという、ジムに行けない事でコロナウィルスの影響をジワジワ受けている宮本です。

お恥ずかしながら、最近知ったのですが、appear.inがWherebyにブランドチェンジしていたようです。 https://whereby.com/

ブラウザでオンライン会議ができるビデオミーティングツール appear.in は、とても使いやすく5年くらい前はオンラインミーティングツールとしてお客様によく薦めていました(が、Hangouts Meet に切り替えてから、ほぼ使わなくなっていました)。

どうして変更したのか?

We had a long-standing trademark dispute over the appear.in name that resulted in no longer being able to use it.

引用元: https://whereby.com/information/brand

つまり、appear․in というサービス名に商標紛争で負けて使えなくなったようです。

育ててきたブランドが大事な時期で切り替わるのは本当に残念ですね。創業チームも悔しいと思います。使い勝手自体は変わらずで今後も推奨しやすいツールの一つです。

appear.in の頃の画面

ブラウザというのは、何といってもインターネット用のインターフェイスとしては一番使われます。専用アプリやソフトをインストールしなくてもブラウザで使えるというのは敷居が低いんですね。

Hangouts Meetもブラウザでオンラインミーティング出来ますが、誰かひとりGsuiteアカウントが必要で、その他の人も全員何らかのGoogleアカウントが必要です。

ZoomやSkypeはアプリのダウンロードが必要で、打ち合わせ相手にダウンロードから説明しなきゃいけない時があります。

今、リモートワーク、テレワークが普及しつつあるので、即席でオンラインミーティングするなら、Wherebyはおすすめです。

この記事を書いた人
宮本 和明

グロウニッチ代表。2005年からWebで細々と商売しています。フルリモート雇用暦10年以上。独立前は訪問販売など会う営業を中心で、Webを半年経験し独立。非エンジニアで非クリエイターですが、Web制作やマーケティングをディレクションしています。

関連記事

新型コロナウイルスに伴う支援「ビデオ会議ツールHangouts Meet の上位版機能の開放」の内容と設定方法について
追記(2020/4/22):無償開放は7/1から9/30に延長されました。 ハングアウトMeet 無償開放とはいうけど、、、 やった、Hangouts Meet が無料になった!あれ、どう使うの?自分は対象じゃないの?そもそもメリットあるの?と思った人もいたと思います。自分もそうでした。 引用元:Yahoo!ニュース(BUSINESS I……
Gmailの署名入力・変更
メールは、社名や電話番号、URLなどを自動で挿入される署名設定があるものですが、Gmailにももちろんあります。Gmailの署名を入力する際の手順になります。画面は本日現在の為、今後変わる場合があります。 1. 「設定」を開く 画面、右上の歯車マークが「設定」画面へのボタンになります。 2.「すべての設定を表示」をクリック ……
Google Hangouts Meet の無料版がスタート
ビデオ会議ツール「Google Hangouts Meet」の無料版がいよいよスタートしました。以下アドレスから参加できます。 https://meet.google.com/ 2020年4月29日付けのGoogle Japan Blogによると、以下の通りのようです。 本日 Google は、エンタープライズ グレードのビデオ会議ツー……
Hangouts Meet は、Google Meetへ
Hangouts Meet は、Google Meetへ名称を変更したようです。 以上、ご報告まで。